ファッションアイテムを家庭でリサイクルする際のメリット・デメリットを紹介します。

ファッションアイテムを家庭でリサイクルする際のメリット・デメリットを紹介します。

帽子やヘアリボンなど、ファッションアイテムを処分する時、皆さんはどのように対処していますか?
今回はファッションアイテムを切ったり縫ったり、リサイクルして
活用する際の、メリット・デメリットを紹介します。

・家庭でリサイクルする際のメリット

◯処分と刺繍による工夫を両立できる

ファッションアイテムを切ったり、縫ったりして
パッチワークやインテリアでのアクセサリー、ぬいぐるみ製作などに活かすことは
そこまで難しいことではありません。
リボンアイテムなどは何につけても
ワンポイントとして映えますし、帽子などは分解すれば分厚い生地素材として今後の製作に使えるでしょう。

リサイクルをすることで楽しく処分と縫い物が行えるので、分解した素材を活かしたパッチワークなどを
お子さんと一緒に行ってみるのもおすすめです。

・家庭でリサイクルする際のデメリット

◯高価なものほどリサイクルしづらい

上記の例はあくまでも安物の場合。
高価なブランドアイテムなどはさすがに切ったり縫ったりするのは控えたほうが良いです。
それなりのブランド品であればオークションや買い取りに出せばある程度の金額に変わることもあるでしょう。

また、切ったり縫ったり出来ない特殊加工のアイテムはこのケースでは活かしづらいので
こちらも注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です