処分方法として衣類を人にあげる際のメリット・デメリットを紹介します。

処分方法として衣類を人にあげる際のメリット・デメリットを紹介します。

身につける衣類を処分する時、皆さんはどのように対処していますか?
今回は衣類を人にあげて処分する際のメリット・デメリットを紹介します。

・処分方法として衣類を人にあげる際のメリット

◯子供用の衣服が処分しやすい

子供用の衣服を購入する時、
成長期までの子供の服にはあまりお金をかけたくないと考える方が意外に多いです。
特に小学生年齢辺りは子供自体があまり服装にこだわりを持たないこともあり
性別的におかしくなくて着れるアイテムならばたとえ古着でも欲しい、という意見が
一般的な傾向にあります。

また、二次性徴で外見の変化が出てきやすくなるとそれぞれ好みや身体にあったアイテムを
買わなければいけなくなるため、そこまでの出費や手間を抑えたいということもあるようです。

ですので子供服の衣類を人にあげる形で処分するのは、需要に適していることが多く
喜ばれやすいと言えます。
もちろんこの際、子供が居る家庭にあげる必要がありますし、その子供の年齢や性別に合うものを選ぶべきでしょう。

・処分方法として衣類を人にあげる際のデメリット

◯大人用のアイテムはあげにくい

さて子供用のアイテムは喜ばれると紹介しましたが大人用の衣類はどうでしょうか。

実は大人用の衣類はあまり喜ばれにくい傾向にあります。
やはり大人だと好みが読み取りにくいこと、相手も古着を持て余していることが多いことが
このケースにおいてネックになるようです。

加えて古着を着るのに抵抗がある層、ない層の見極めも難しいので
大人用の衣類を処分目的であげないほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です